読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

セキスイハイムの家の評判を徹底して調べてみた。太陽光発電のスマートハウスのメリット・デメリットとは?

新築 スマートハウス 太陽光発電
f:id:nazokaizin:20160313115236j:image

セキスイハイム(積水化学工業)で新築住宅・家づくりを考えられている方は多いとおもいます。今日はセキスイハイムの家の評判や価格、そしてまさに今売り出し中のスマートハウスのメリット・デメリットを考えてみようとおもいます。セキスイハイムで考えている方の参考になればとおもいます。

 

セキスイハイムって何?

 
まず、セキスイハイムというのは、積水化学工業という会社が作っている住宅ブランドです。なので、セキスイハイムは会社名ではなくてブランド名なのでご注意ください。そして、積水化学工業の住宅カンパニーという1部門が住宅を作っており、その部門は日本の大手住宅メーカーの一つに匹敵する巨大さです。
 

積水化学は大手ハウスメーカーの一社

 
大手ハウスメーカーといえば、積水ハウス、大和ハウス、ミサワホーム、住友林業、パナホームなど数社あります。積水化学工業はその一つです。企業規模からしても日本トップレベルですから、企業としての安心かはただならぬものがあります。おそらく、家を買おうと思って住宅展示場に行けば必ずである名前ですよね。
 

セキスイハイムの家ってどうなの?

 
セキスイハイムの特徴の一つは、ゼロエネルギー住宅です。スマートハウスと言い換えることもできます。要はエネルギー消費が少ない家ということです。もう少し具体的に言うと、セキスイハイムの家は、電気エネルギーの費用を極力ゼロにしよう、という目的を達成するような作りになっています。
 

どうやって電力料金をゼロ円にするのか?

 
例えば、太陽光発電を乗せて、自宅で発電して電気を作る。自宅で使う電力量よりも多く発電できれば、太陽光発電で作った電気でまかなうことができますよね。だからゼロになるわけです。あまった電気は「売電」という形で、電力会社に売ることができます。それを収入にすることもできますよね。
 

太陽光とHEMSのセットが大事

 
そして、HEMSという機器もセキスイハイムの家の定番商品です。これは今どれくらいの電力を使っているのか、どれくらいの電力を発電しているのか、こういうことが数値で見られるんです。こういうものを見ると、「あ、電力使いすぎだから節約しなきゃ!」という意識が生まれますよね。だからHEMSをつけると、電力使用量が減ると言われているわけです。積水ハウスの家は、太陽光と、HEMSをセットでつけ、省エネ化し、電力にかかるお金が下がる、こういう仕組みです。
 

本当に電気代は安くなるのか?

 
気になるのは、本当にゼロ円になっている家ってあるの?ということですよね。同社の発表についてネットで読んだ記事には約1700の家を調べたところ、約6割が毎月の電気代がゼロ、あるいはゼロ以下だっとありました。これはすごいですね。
 
当然ながら、そういう家は、太陽光発電システム(主にシャープ製が多いとのこと)と、HEMS「スマートハイム・ナビ」を搭載したものです。
 

スポンサーリンク
 

スマートハウスはブーム中

 
こういうエネルギーがかからない家、費用がゼロ円になってしまう家は、ネットゼロエネルギー住宅と呼ばれています。ZERO ENERGY HOUSE、通称ZEH。積水化学工業のZEN住宅の比率は年々高まってきているようですね。特に太陽光発電が高性能になり発電する量、質が高まっていること。さらには、生活者の方が省エネしようという意識を持ち始めたことも関係していると思います。
 

ギネス記録のようです

 
積水化学工業では、こういう太陽光発電住宅を業界内でも早い、2003年ごろから売ってきているようです。決算などをみてみると、売っている物件の8割以上に太陽光発電が搭載されているようですから、ほとんどのお客さんは太陽光発電を乗せて買っているようですね。新築だけでなくて、リフォームも含めると、もうその数は3年連続世界記録に認定されているようですね。これはすごいです。
 

リフォームでも太陽光を売ってます

 
太陽光がない家にはリフォームで後付け。積水化学工業はリフォームにも力を入れていますね。過去の家で太陽光発電が付いていない家は、リフォーム部門で太陽光の営業活動を進めているもようです。おそらく古くにセキスイハイムで家を買った人はもう何度かは太陽光発電の営業を受けているのではないでしょうか。
 

スマートハウスのメリットは何だ?

 
さて、これまで積水化学工業のスマートハウスについて考えてきましたが、メリットデメリットを考えてみたいと思います。まず、メリットとしては、毎月の電気代が安くなるということですね。ゼロになっている家も相当あるようですから、これはお得です。
 

デメリット・評判はどう?

 
ただデメリットもあると思います。評判としてまず多くの声が上がっているのが、そもそも太陽光発電を導入するための費用がかかります。ネット掲示板では「家を買う初期費用(イニシャルコスト)が高くなる、それを電気代が安くなった分で元を取るには何年くらいかかるかを考える必要がある」という声がありました。まさにその通りで、元を取るには10年なのか、20年なのか。これを考えないといけません。
 

メンテナンスにお金がかかる?

 
また、太陽光発電が何年もつのかということも大事です。これは買う前にはあまり考えていません。買ったら何も手入れせず、永遠に使えるものだと思っている人もいます。もし、20年でトラブルがあり、買い直すようなことがあったら、またお金がかかります。さらに、定期的なメンテナンスが必要ですよね。これにもお金がかかります。ただ、こういう評判もあります。「環境に貢献したい、自分で電気を作ってみたいということは、エコロジーな大切な発想。だから、お金の問題だけで考えるのは良くない」。これも一理あります。最後は十分に情報を仕入れてから、ご自身の判断で、太陽光発電のメリット、デメリットをよく考えてみるのがいいと思います。

スポンサーリンク