読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

意外と知られていないリフォームとリノベーションの意味の違いとは?「リノベやってます!」という業者にだまされないように

f:id:nazokaizin:20160316001733p:image
最近、リノベーションという言葉が流行ってきていますが、これってリフォームとどう違うの?と疑問を持たれている方も多いかと思います。ネット上に様々な解説が出ていますが、微妙に私の意見と違うんですよね。リノベ、あるいは、リフォームしたい人が誤解しないように、その意味の違いについて解説したいと思います。

 

 

壁紙を張り替えただけでリノベーション?

 
賃貸マンションやアパートなんかに住んでいる方は毎日、中古マンションのチラシがポストに投函されていませんか。私のポストに先日入っていたのは、「築10年、壁紙リノベーション済みの中古マンション販売中」というチラシだったんですよね。
 
 
実際その家で直されているのは壁紙だけのようで、その業者はそれを「リノベーション」と言っているわけです。
 
 
どう思いますか?壁紙だけ直すのはリノベーションなのでしょうか?リフォームなのでしょうか?
 

実はリノベとリフォームの定義は業者によって違う

 
答えを言ってしまいますが、リノベーションには定義というものが存在していないんですよね。定義はその事業者ごとに違う、というのが現状です。
 
 
つまり、壁紙を直したらリノベーションなんだよ!という業者もいれば、いや、トイレもキッチンも直して、少なくとも500万円以上をかけないとリノベーションじゃない!という業者もいる。また、1000万円かけて、もうまるっきり全面改装したものをリノベーションと呼んでいる人もいます。そう、業者によってリノベーションという言葉の定義・意味はバラバラなんです。
 

海外ではリフォームのことをリノベーションという

 
ちょっと海外に目を移してみましょう。例えばアメリカで、Renovation(リノベーション)といったら、どういう意味になるでしょうか。それは小さな工事も大きな工事もどんなものでも部屋を改修(日本語でいうリフォーム)を意味します。ちょっとややこしいのですが、海外でリノベーションは日本のリフォームなんです。
 
 
また、アメリカではリフォームのことをhome improvement(ホームインプルーブメント)とも言われます。直訳すれば住宅の改善・改造といった意味合いですね。あるいは、remodel(リモデル)とも言います。これはまさに日本のリフォームのイメージと一緒の言葉ですね。
 
 

Reform(リフォーム)は海外では改革の意味

 
肝心のReform(リフォーム)という言葉は、アメリカでは家の改修の際の言葉としては使われません。改革とか、そういう意味になるので、日本のリフォームとうい言葉のイメージとは全く違うわけです。
 

スポンサーリンク
 

定義が業者ごとに違うから注意が必要です

 
リノベーションという言葉を聞くと、なんとなくかっこいい改装なのでは、大規模な改装なのでは、性能の高い住宅なのでは、といったイメージがありますが、そういうわけではないのです。
 
 
ですから、壁だけ、床だけ、キッチンだけでも、リノベーションと呼ぶ業者はいます。イメージだけで「リノベーション」を判断しないようにしてください。ややこしいんですが、リノベーションというイメージの大掛かりな改装を「リフォーム」と呼んでいる業者も相当数いますので、ご注意ください。
 
 

なぜリノベーションという言葉が流行ったのか

 
日本でリノベーションというキーワードが流行ってきたのは、様々な理由があるとは思いますが、一つは、住宅事業者の方たちが、「俺たちがやっているかっこいい家の改装はリフォームじゃなくて、リノベーションだ」というように、リフォームよりなんか優れたもの、もっと大きな改善を伴うもの、ということを一般消費者の方に伝えたいから、だと思っています。
 

ブランド化のために「リノベやってます!」

 
語感的にリフォームやってます!より、リノベーションやってます!の方が、なんとなくですけど、かっこよくないですか。その「かっこよい」ことをしている会社ですというように、自分の会社をブランディングしたいという会社が、あえて、リフォームではなくてリノベーションという言葉を選んで使っているようです。だって、お客さんにとって耳障りがよい言葉の方が集客効果がありそうじゃないですか。
 
ですから、注意が必要なんです。リノベーションという言葉にだまされないように気をつけてください。それは「リフォーム」かもしれませんよ。

スポンサーリンク