読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

激安に中古戸建てを買うおすすめの方法!新築以上のメリット、リフォーム済み物件が狙い目です

中古マンション 中古戸建て 新築 リフォーム 不動産

f:id:nazokaizin:20160322195230p:image

もっともっと安く家を手に入れたいと思いませんか。今日は出来うる限り激安な戸建てを手に入れる方法について紹介していきます。

 

 

激安に手に入れたいなら新築よりも中古にしよう!

 
まず激安に戸建てを手に入れるには、新築は諦めましょう。中古の家にしましょう。
 
ただ、中古というと、なんとなく汚い、住めないのでは、といったネガティブなイメージがありますが、考え方を変えれば魅力ばかりですよ。
 

中古の戸建てがいい理由

 
中古のメリットは主に2つあります。
 

・新築に比べて圧倒的に安い

 建物は築20年にもなれば価値は0円になるので、築20年以上の家は土地代だけで買えるものがたくさんありますよ。それに20年じゃ家はまだまだ使えますからね。
 

・立地選びの自由度が高い

 新築だと土地から探さなくてはなりません。すでにいい立地のところには家が建っていますから、余っているのは不便な郊外が中心です。でも中古なら、今建っているものを買うわけですから、町の中心部だったり、郊外だったり、どこに住むかの選択肢が幅広くなります。
 

・戸建てはマンションに比べて広々、他人に気を使わなくてよし

 マンションはお隣さんにかなり気を使って生活しなければなりませんが、戸建てはそこまで気にしなくて平気ですよね。独立していますから。そして、庭付きの家にすれば広々快適に住むことができます。
 
 

激安で中古戸建てを買う際に注意すべきこと

 
そもそも、新築ではなく中古を選ぶ時点でだいぶ購入費用は安くなるのですが、その中古選びが難しいんです。
 
安くあげたい場合、特に築年数が古いものを選べばいいんですが、これが逆に高くつくことがありますので注意してください。
 
注意すべきポイントは、築年数が経た戸建て住宅の躯体性能が大丈夫かどうか、ということです。
 

躯体の性能って?それは家の骨格

 
躯体の性能というのは、家の柱や梁といった、家の骨格となる部分です。これが戸建ての場合はほとんど木になります。マンションはご存知の通りコンクリートですよね。
 
木は水分に弱く、腐ったり劣化したりして、ちゃんと手入れや補強しないといけません。適切なメンテナンスができていないと、家が傾いたり、地震で倒壊して、死につながるようなことにもなります。
 

スポンサーリンク
 

耐震性能はインスペクションしよう

 
阪神淡路大震災の時に亡くなった方の多くが、自宅に潰されたためですよね。
 
なので中古戸建ては、買う前にまずこの躯体がどうなってるかをきちんと調べることが大事。築年数が古く、激安な価格で売りに出されている中古は、躯体がだいぶ劣化しているものもあります。
 
 
もしこういう家を買ってしまうとどうなるか。住んだ後にやっぱり心配だからリフォームしよう、という気持ちになることが多いです。
 
 
耐震診断や補強、柱梁の劣化を直したり、すると、平均的な住宅で200〜300万円はかかります。安いと思って買った家が結果として高くつくことになりますので注意です。
 
 
今中古物件を買おうとしていて、心配な方はインスペクション(住宅診断)サービスの専門店に家を調べてもらうのが良いと思います。不動産会社はほとんど躯体の性能について詳しい人はいませんので、建築のプロに依頼してください。
 

激安中古戸建ては「買取再販物件」の中にある

 
そこでオススメなのは、すでにリフォーム済みで売り出されている物件です。業界では「買取再販物件」と言われていますね。なぜお得かというと、このような物件は、あらかじめ業者が様々な物件を診断して、これなら売れそうだ、というふうに思ったものを仕入れているので、素人が中古物件を選ぶよりは安心感があること。
 
 
そして、リフォーム済みなのですが、このリフォームを業者価格でやっているので、一般のお客さんがリフォームするよりも安くすんでいることが多いんですよね。例えば、業者が300万円くらいかけてリフォームしている場合、一般の人が300万円かけてリフォームするよりもグレードのいいものを使っていたりします。
 

仲介手数料は馬鹿にならない金額

 
さらに、リフォーム済み物件の会社から直接購入すれば、「不動産仲介手数料」というものがかかりません。例えば2000万円の戸建てを直接買えば2000万円ですが、不動産会社から買えば手数料が66万円かかります。これって結構な額ですよね。買取再販企業から直接変えれば、「激安」なのは間違いありません。
 
 
情報をたくさん持っておくことで、家はもっと安く買えます。様々なサイトや広告、企業ページを見て、知識をつけてください。

スポンサーリンク