読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

無添加住宅の家ってどうなの?坪単価・評判・口コミを分析してみた【新築のおすすめ業者選び】

f:id:nazokaizin:20160406133210j:image
できるだけ体に害のない自然素材で作られた家がほしいという方は多いかと思います。無添加住宅は健康に相当こだわっているようですね。ただ、評判・口コミはどうなのでしょうか?調べてみました。

 

無添加住宅の家って何?

 
無添加住宅は兵庫県西宮市にある会社のことですね。ネット上のニュースによれば、ここは家を建てるための建材や設備・工法の開発会社であり、全国の工務店や住宅会社に販売しているようですね。
 

無添加住宅に加盟する工務店の数は100社以上

 
調べたところ全国に100社以上の工務店がこの無添加住宅に加盟しているようですね。これは住宅フランチャイズはいろいろありますが、中くらいの規模かなと思います。
 

どんな家なのか?

 
秋田憲司さんという社長のインタビューがネットに上がっていますが、そうとう「無添加」にこだわっているようですね。
 

スポンサーリンク
 

例えば建材の接着剤は米のり

 
無添加住宅は合成接着剤や化学建材を使用しないということが大前提のようですね。化学薬品が添加されていない、だから無添加。これって相当すごいことですよ。普通の家なら絶対にそんなこと有り得ません。
 
 
では、どんなものを使っているかというと、例えば、床は無垢の木やコルク、そして天然石のタイル、壁などは左官のしっくい、家根は天然石の屋根ですよ。徹底的に無添加の自然素材を使っています。また、木と木を接着する際も米のりという食べても安全なものを使うなど抜かりないですね。
 
 

無添加自然素材がシックハウス対策に

 
こういう家は「シックハウス症候群」というものにかかりにくいと思います。シックハウス症候群というのは化学品で作られた建材であふれた家に住むと、人間の体に影響を与える病です。そういう建材を新建材というのですが、部材から人間の体にあまり良くない影響を与える成分が放出されているんですね。当然メーカーはそういうものが出ないように品質基準を作ってはいるものの、様々な部材が組み合わさるとそういう症状が現れることもあります。
 
 
私は家で過ごす時間等のはとても長いと思いますので、耐久性と健康性を重視すべきだと思います。なので、できるだけ体に悪くない建材を使うということは、とても重要なことですね。
 
 

口コミ・評判で書かれている坪単価は?

 
ネットの口コミや評判を見ると、坪単価は平均60〜70万円で契約したという声が多いようですね。もちろんこれはエリアや家のサイズにもよるでしょう。この価格は大手よりは安いけれども、一般的な工務店に比べれば比較的高級な部類になるかと思います。ただ、家は高いけれども、健康な生活を変えるとすれば、十分元が取れると思います。医療費が削減できますからね。
 
 

リフォーム・リノベーションも対応可能?

 
最近はこういう無添加の自然素材の家に、今住んでいる家をリフォーム・リノベーションしたいというニーズが増えてきているようです。無添加住宅でも対応できる店があるようですね。新築を買うよりも手頃なか買うでできそうですので、お得かとお思います。

スポンサーリンク