読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

おすすめマットレスはマニフレックスフラッグFX一択である3つの理由!ベッドで使ってみた感想・評判を紹介

f:id:nazokaizin:20160821220408p:image

寝ても朝からだるい、疲れが取れないという方も多いかと思います。こんな悩みを持っている方に対して、私はマットレスも変えましょうとおすすめしています。でもどんなマットレスがいいのか、悩む方も多いかと思います。今日は渡した実際に使っているベッド用マットレス「マニフレックス」の感想とおすすめする理由3つを紹介していきます。

 

 

マットレスが生活の質を高める

 

よく寝ているはずなのに、疲れが取れない、という方は多いかと思います。私もそれで悩んで、色々マットレス・ベッド・寝具のショールームを回ったんですが、やっぱり寝ているときに体を支えるマットレスが大事だということに行き着きました。

 

毎日6~8時間くらいマットレスに体を横たえているわけですから、「そのマットが快適でなければ体が疲れるのは当然」とどこに行っても定員の方に言われました。

 

マットレスを比較した結果マニフレックスに

 
実際に本当に高いものから安いものまで100種類くらい寝っ転がって確かめてみましたが、結果としては一番のコスパがいいのはマニフレックスというブランドのマットレスになりました。
 

マニフレックスのおすすめはフラッグFX

 
マニフレックスのマットレスには結構いろんな種類があるのですが、何度も寝比べてさんざん迷ってやっとこ決めたのがフラッグFXという商品です。定員さんも「一番人気」と言ってました。
 

 

Magniflex(マニフレックス) マットレス フラッグFX シングル

Magniflex(マニフレックス) マットレス フラッグFX シングル

 

 

 
実際にそのときも人気で在庫が切れていて、予約した上で購入しました。サッカーの香川選手も愛用しているとのことです。これは、ハードに体を使う人がおすすめしているということは、ぐっすり休んで疲れが取れるんでしょうね。
 
 
 

マニフレックスフラッグFXがおすすめな理由1

 
フラッグFXを使うようになってどう体が変化したかというと、単純なのですが、朝から体が快適で目覚めが良くなりました。これまで私はマットレス付きのベッドで寝ていたのですが、長期間使っていたこともあり、ヘタってきて中に入っているコイルがなんとなく体に伝わってきて、寝心地の悪さを感じていました。
 
 
こういう状態だと体が硬直して血流が悪くなり、寝ても疲れが取れにくいんです。長時間血流が悪い状態ってちょっと怖いですよね。
 

低反発ではなくて高反発フォームがいい

 
でもマニフレックスフラッグFXは、まず静かに体が沈み込み、その後体が適正な位置まで反発して戻してくれるんです。本当に体が楽〜な状態になるので、違和感なく眠りに落ちれるんです。ちなみにこれは、高反発フォームというものです。
 
テンピュールのマットレスも試したんですが、あれはちょっと沈み込みすぎかなということでパスしました。これは低反発と言うものなのですが、これは沈み込みすぎて寝返りが打ちにくいんですね。
 
フラッグFXだと適度に反発してくれるんで、沈み込むという感覚はありません。寝返りも打ちやすいので寝相が悪い人でも全然平気ですね。それとマニフレックスはコイルがマットレスに入ってないんですよね。特殊なウレタンフォームでできてるので、ヘタってコイルが体に当たるってこともないです。しかも厚さは22センチあるのですが、もうフッカフカですよ。
 
 

フラッグFXな理由2 高すぎず安すぎずちょうどいい値段

 
マットレスは本当にピンからキリまでありますよね。価格が本当にバラバラ。30万もあれば、2万とかもある。寝比べてみた結果なのですが、シングルで8〜10万を超えるとそれ以降はそんなに変わらない、というのが私の意見です。8〜10万を切るとやっぱりどこか寝にくかったり、不満が何点かあるんですが、8〜10万を超えるともう最高なマットレスばかり。だから私は8〜10万くらいのものが一番コスパがいいのではと思いました。
 
マニフレックスフラッグFXはシングルで9万5000円です。私は広々としたいのでクイーンサイズにしました。16万円ですね。2人で使われる方、絶対ダブルはやめましょう。これもいろんなお店で聞いたのですが、本当によく眠りたいならダブルよりクイーン。海外ではクイーンが普通ということでした。大は小を兼ねるではないですが、クイーンがおすすめです。
 

スポンサーリンク
 

フラッグFXな理由3 12年間もの間、へたりを保証してくれる

 
すごく驚いたのが12年のへたり保証してくれるという異常なアフターサービス。つまり、相当長い間へたらないことが実証されているから保証できるわけです。こんな長い保証付けたら他のマットレスメーカーは経営が成り立たないところもあると思います。
 
実際私は使って5年経ちますが、毎回新品同様の寝心地です。
 

ベッドはどう選べばいい?

 
快適な睡眠に必要なのは、良いベッドではなくて良いマットレスです。ベッドは湿気がたまらないようにすのこ状態になっているものではならなんでも構いません。私はベッドは節約してマットレスにお金をかけたかったので、手頃かつシンプルなこれを使ってます。
 
 
ベッドにお金をかけるならマットレスにかけましょうね。
 
 

マットレスにお金をかけること

 
家の中で一番長い時間過ごすのは、マットレスの上なんですよね。だから、ここにおかけをかけると毎日の生活の質が高まりますので、おすすめです。

スポンサーリンク