読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

高い家賃・住居費を安くする方法は「良い」持ち家を買うことだった!10年住んでも0円のケースも

f:id:nazokaizin:20160824230333p:image

住居費をもっと安くしたいな、減らしたいなと思っているかたは多いとおもいます。それは賃貸住まいの方も、家を買った持ち家の方も同じだと思いますが、ちょっと頭を使うと、住居費が安くなったり、うまくいけば0円になったりします。不動産業界の方ならほとんどの方が知っていることだと思うのですが、一般の人にはほとんど知られていませんので、その方法をご紹介したいと思います。

 

 

住居費が高すぎて困っていませんか?

 

賃貸住宅に住んでいる方は、毎月家賃がかかりますよね。これが結構バカにならないんですよね。例えば手取り20万円の人で、家賃が7万円であれば、給与の3分の1です。大きいですよね。毎月これが持っていかれちゃうんですから。

 

賃貸で支払う家賃7万円と住宅ローンの7万円は同じ価値ではない

 

賃貸ではなくて、戸建てやマンションを買って、毎月7万円の住宅ローンを支払っている人も世の中にはたくさんいますね。でも、賃貸の家賃として支払う7万円と、持ち家の方の住宅ローンの7万円は実は価値が異なります。どういうことでしょうか?

 

私の友人はマンションを買って10年住んだが、結果住宅費は0円だった

 

私の友達は築20年のマンションを買って、毎月7万円の住宅ローンを支払っていたんですよ。10年住んだ後、親の介護する必要が出てきて、実家に戻らなければならないことになったんですね。それで家を売却することになったわけなのですが、結果として2100万円で売れたんですよね。売却の手数料は約70万円で、諸経費もろもろ引いて、手元に入ったのが2000万円です。

 

で、気になるのはこのマンションを築20年の時にいくらで買ったのかということですよね。その金額がなんと1800万円。仲介手数料など諸経費を含めるとかかった費用はだいたい2000万円。つまり、10年住んで、かかった住居費は0ということです。

 

スポンサーリンク
 

なぜそんなことが起きるのか?

 

本当にそんなことがあり得るのかというと、あり得ます。家の価値というのは、その立地が最も重要視されるのですが、いい立地なら価値って落ちないんですよね。特に築20年以降は、いい立地であれば資産価値ってそこまで一気に下がらないんです。たとえ10年住んでも築30年ですから、すごく古いっていう築年数でもないですよね。だから、買った時の値段と同じくらいで売れることがある、ということはあり得ることなんですよ。

 

家賃7万円を10年住むといくらか?

 

ただ、賃貸はそうはいきません。あくまで借りている家なので、勝手に売ることはできません。家賃が7万円だとしたら、1年間で84万円。10年で1008万円かかるわけです。

 

10年住むのに1000万円かけている人と、0円な人、こういうことが実際に起きているんですね。もちろん、こういうことは不動産のプロは知っています。だから、不動産屋の多くは、「いい中古マンション」をみんな狙っているんです。

 

もちろん持ち家にはリフォームがかかるので注意

 

中古の持ち家はもちろんそのままで住めません。キッチンやお風呂、トイレはリフォームして住む人が大半です。だいたいこれで200〜300万円かかります。ですから、売却した時の価格が、買った時の価格だとしても、リフォーム費用だけは損するということもあります。ただし、家賃に比べればその損失はそこまで大きくありません。

 

うまくいくと住居費が減るどころか、お釣りがくる

 

プロにとっては当たり前のことなんですが、家・不動産というのは値上がりすることもある、ということを知っておいてください。2000万円で買ったものが、2500万円になったりすることだってあるわけです。その家のあるエリアが人気になれば、お金を出して住みたいという人が増えていくわけですからね。

 

リノベーションもうまくやれば建物の価値を引き上げる

 

最近は中古マンションを買ってリノベーションするようなケースも多いですよね。ですから、ものすごくカッコよく、ものすごく高級にすれば、売る時に高く売れることだってあり得ます。たった一人、その家をかっこいいと思ってくれて、その売値分の価値を見出してもらえる人がいればいいわけですから。

 

賃貸住宅はメリットもあるけど、デメリットも多い

 

もちろん賃貸は引っ越しもしやすく、いろいろな部屋やエリアに住めるというメリットがありますよね。でも、この家賃という毎月の支払いが厄介で、いくら支払ってもその家は自分の持ち物にならないということなんですね。価値がどんどんと下がっていく持ち家を買うことはよくありませんが、「資産価値のある物件」(家の価値が落ちない物件)を見つけられさえすれば、住居費を大幅に削減することが可能なんです。

スポンサーリンク