読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

ハウスメーカーで家を建てたらハウスメーカーでしかリフォームできないの?安い工務店にしたらダメなのかについて答えます

f:id:nazokaizin:20160918120029p:plain

ハウスメーカーで家を建てた場合、10年目に本格的な点検があり、リフォームを提案されます。その時にみなさん思うのが、見積もりが高いのでは?もっと安い工務店やリフォーム会社にしたいが、それって大丈夫なの?ということです。今回はハウスメーカーで家を建てた場合、どこでリフォームすべきかについて紹介していきます。

 

 
 

「ハウスメーカーでリフォームすべきか」問題はネット上の口コミに多数あり

 
 
ヤフー知恵袋などのネット相談サイトで多いのが、ハウスメーカーで家を建ててから10年ほどたち、リフォームの提案を受けたのですが、高いような気がします。他の工務店などに頼んでいけないものなのでしょうか。みなさんどうされていますか、といったものです。
 
 
例えばこの前読んだのは旭化成ホームズが作っている「ヘーベルハウス」を建てた方で、その方は点検を受けた後に屋上防水のためのリフォームを提案されたそうです。
 

ヘーベルハウスの防水工事はもちろんヘーベルハウスに頼むが普通?

 
その方は「ヘーベルハウスでしか防水工事はできないのでしょうか?」という質問をしていました。これは積水ハウスだろうが、セキスイハイム、大和ハウス、住友林業、ミサワホームなどなど、多くのハウスメーカーで建てた方の疑問だと思います。
 

ハウスメーカーの家のリフォームは工務店でもできる

 
結論から言ってしまえば、他の工務店やリフォーム会社でもできないことはありません。もちろん、技術力がない工務店やリフォーム店は除きますが。そして、ハウスメーカー独自の部材や建材などが使えないので、完全に全く同じ工事ができるということではありません。ただし、防水だろうと、外壁だろうと、キッチン、バス、トイレなどなど、基本的には一定のレベルの工務店やリフォーム会社でできないことはありません。
 
 
先ほどのヘーベルハウスの場合でも、防水工事に長けている専門店に直接頼んでも大丈夫でしょう。ただ、問題となるのが、例えばへーベルハウスなら、ヘーベルハウスの保証なくなるケースがほとんどであるということです。
 

大手ハウスメーカーが皆実施する「50年保証」「60年保証」という長期保証

 
ハウスメーカーというのは、建てた時に、家を長持ちさせるという理由で、50年保証します、60年保証します、というふうに言ってきます。ただ、この保証はあくまで定期的にリフォームした場合であることがほとんどですね。ですから、先ほどの防水リフォームを旭化成以外に頼むと、保証がそれまで、ということになりえます。
 
 

保証切れるのはデメリット、だがメリットもある

 
保証が切れてしまうのは確かに不安ですね。何かトラブルがあっても保険がきかなくなりますから。ただ、ハウスメーカーの家のリフォームをハウスメーカーでやらないメリットは当然あります。それは相見積もりができ、価格が安くなることがあるということです。
 
 

スポンサーリンク
 

リフォーム代金を安くするためには相見積もりは必須

 
ハウスメーカーで建てて、ハウスメーカーでリフォームしないと考える場合、大抵が見積もりが高すぎるのでは、という不安です。それは当然です。その不安を解消するには、相見積もりが必須です。相見積もりというのは何社かに見積もりを取って比較するというものです。
 
 
比較をすると、当然ながらすごく安い会社や、まあちょっとだけ安い会社、あるいは高い会社というものが出てきます。おすすめは3社くらいに声をかけてみることです。
 
 
価格、そして内容と担当者の人柄、会社の雰囲気などを総合して判断すれば、ハウスメーカーに頼むよりもいい会社が見つかることも当然あります。安く、良い品質でやってくれる業者と出会える可能性もありますので、それがメリットになります。
 
 

ハウスメーカーの保証をあえて切っている人もいます

 
当然なのですが、ハウスメーカーで建てて、ハウスメーカーでリフォームし、50年、60年といった保証を付けている人もいます。ですが、実際の所それはすべての方がそうやっているわけではないということです。
 
 
どうしてわかるかというと、このブログでは様々なハウスメーカーの売上高などを決算書を元に割り出していますが、ハウスメーカーで建てた方全員がハウスメーカーでリフォームをしていたら、リフォーム部門の売上がもっともっと多いはずです。おそらく5割くらいいけばいい方なのではないでしょうか。そういう意味ではハウスメーカーで建てたのに他の工務店やリフォーム会社に頼む人もいれば、さらにはお金がなくてリフォームしない人だっています。
 
リフォームすべきかどうか、そして、どこに頼むか、一度よく考えて、様々な会社の情報収集をしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク