読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

家を売却する際に高値で売り、損しないための3つの方法!あなたの家の相場がわかるサイトも紹介

f:id:nazokaizin:20161003220841p:plain

家を売りたいけれどできる限り高く売却し、損したくないと思う方は多いかと思います。どうすれば家を高く売ることができるのでしょうか。3つのポイントを紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

家を売るのは難しいこと?

 
家を売却する、というと何か難しいイメージを持っている方は多いかと思います。ですが意外とシンプルなものなんです。
 
まず、家を売りたいあなたが、売りたい価格を決めます。そして売りに出します。
あなたが出した価格で買いたいという人がいれば、売却に成功です。
とてもシンプルですよね。
 
でも、高すぎてなかなか買い手が現れない、ということもありますよね。そういう時は値下げすれば、買ってもいいという人が増えるわけです。
 

高値で売る方法1 急いで売らない

 
家を高く売ろうと考えた場合、一番やってはいけないのは「急ぐこと」です。なるべく早く売りたいと思えば思うほど、この値段では売れないかもしれない、と「値下げ」しようと思うものです。
 
 
待っていればきちんと売れる価格でも、早く買って欲しいと思うばかりどんどん値下げして、思った以上に安く売ることになってしまうということです。
 
 
もし住宅ローンが残っているまま家を売りに出す時は、値下げしすぎるとローンが完済できずに、自前のお金を用意しなければならなくなります。
 
 
ちなみに住宅ローンを完済できなければ家の売却というものはできませんのでご注意ください。
 

スポンサーリンク
 

高く売る方法2 不動産屋のアドバイスを受けすぎない

 
家を売る際にはほとんどの場合、不動産屋にたのみます。不動産屋というのは、例えば大手でいうと住友不動産とか三井のリハウスとか東急リバブルといった会社です。
 
 
たいていの場合は、このような不動産会社に自宅を売りたいと伝えると「査定」します、と言われます。査定というのは家がいくらくらいで売れるか値段を決めることです。
 
 
これは家を売る体験をした方しかわからないと思いますが、その査定で出る値段は、不動産会社によってバラバラです。いや、もっと言えば、同じ会社でも営業マンごとにバラバラだったりします。
 
 
査定というのは、家が築何年経っているか、周りの家はどれくらいで売れているか、を調べた後、営業マン個人の「感覚」でもって値付けします。意外と適当なんですね。
 
 
ですから、営業マンが1000万円くらいですね、と査定されても、その値段で売る必要は全くないわけです。営業マンは売りやすいようにある程度低い価格を査定価格として言ってきたりするんです。ですから、営業マンの助言を受けすぎず、自分が売りたい値段にこだわって売却活動を進めてもらうことも高く売るコツです。
 

高く売る方法3 売却専門の不動産会社に頼む

 
世の中に溢れている不動産会社は、家を買いたい人も、家を売りたい人も、どちらもお客さんにしているんですね。でもまれに売却専門の不動産会社というのも存在します。そういう会社は、なるべく高く売ることが会社のミッションになっていますので、安易に低い値段で査定したりしません。
 
 
それと、売却専門の不動産会社は、売却できた金額の3%が手数料になりますので、なるべく高く売れば売るほど会社が儲かるわけです。ですから一生懸命高い値段で売却しようと試みてくれるわけです。
 
 

自分の家がいくらで売れるのかチェックしときましょう

 
今家を売るつもりがない、という人も自分の家がいくらで売れるのか気になる人も多いかと思います。もしなんらかのトラブルで家を手放すことになった際に、相場がわかっていた方が安心です。
 
 
マンションにお住いの方に限りますが、自宅がいくらで売れるのか、無料で「相場」がわかる住まいサーフィンというサイトがあるのですが、こちらで自分の家がいくらなのかチェックしてみることをお勧めします。

165万戸の中古マンション査定ができる【住まいサーフィン】

 
 
もちろんあらゆるマンションの相場がわかりますので、これからマンションを買おうとしている人にもおすすめです。

スポンサーリンク