読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

中古マンションのリノベーションは新築よりかっこいい、楽しい、そして安いってことをブログで発信すべき理由

リノベーション リフォーム 中古マンション 中古戸建て
f:id:nazokaizin:20161014135022p:image

中古のマンションや戸建てを買ってリノベーションされた方にお願いがあります。もっともっと自分たちのリノベーションした家やこだわり、暮らし方、楽しかったこと、そしてそこまでお金をかけなくても満足できることについてもっともっとブログなどで広めて欲しいと思っています。その理由を紹介していきます。

 

スポンサーリンク
 


 

中古の家はなんとなく嫌、というイメージを払拭していきましょう

 
中古の家を買われた多くの方は、知人に家を買ったことを報告する時、「中古の家」ってなんかいいにくいと思われています。
 
 
それは、中古の戸建てやマンションのイメージがよくないからです。やっぱり中古っていうと、「新築が買えなかった、お金がないのかな?」と思われてしまったり、「中古か、ちょっと人が住んだ家は嫌だな」なんて思われたりするわけですよ。
 
 

「リノベーションしたよ」といっても頭の中にはてなマーク

 
すかさず「リノベーションして住んでるよ」とかいうと思うのですが、「リノベーション?何それ?」というのがほとんどだと思います。
 
 
リノベして住んでいる人は、自分の家にかなり満足しているにもかかわらず、それが周りに伝わらないこと、これが私にとって非常に悲しいことです。
 
 

スポンサーリンク
 

リノベは新築より安くて新築に比べて劣らない魅力がある

 
中古の家は家選びの際に、立地選びの自由度が新築より圧倒的に高く、内装だって自由に作り変えられる。それでいて新築より安いことがほとんど。そんなに魅力的な買い物なのに、「中古住宅」というだけで、マイナスイメージを持たれてしまう。これを変えていきたいですよね。
 
 

中古住宅のイメージを変える方法はリノベ体験者が情報を発信すること

 
私はリノベ体験者がどんどんリノベした自宅をどんどん発信し続けることが、中古住宅のイメージを変えていく最大の方法だと思います。リノベーションの業者がリノベーションいいよ!中古住宅いいよ!といっても、「本当かな」と疑われます。だから生活者側からの言葉が大切だと思うんですよね。
 
 
中古住宅を買ってリノベーションしてよかった、という情報がネット上に溢れかえれば、中古住宅を買った人のイメージもかわっていくと思います。
 
 
でも、もしみんなが中古を買ってリノベの魅力に気づいてしまうと、中古住宅はすぐに売れてしまい、値段は高くなっていきます。欲しい人が増えれば当然です。ですから、リノベが本当に大ブームになる前に動かないと損するかもしれません。すでにリノベしてしまった方はラッキーですね。

スポンサーリンク