読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

独身こそ家を買うべき!おすすめはリノベーション済み中古マンション

f:id:nazokaizin:20161019223307p:plain

独身の方で賃貸住まいの方は、このまま家賃を払い続けるけるのは馬鹿らしいなと思う方も多いかと思います。思い切って家を買うのがいいのか、それとも賃貸のままがいいのか?お答えします。

 

スポンサーリンク
 

 

持ち家は結婚してから買うもの?

 
こんなイメージを持っている人ってすごく多いと思います。独身なら賃貸が当たり前。それって本当に正しいことですか?私は違うと思います。
 

賃貸の家賃より月々の支払いが安ければ家を買っちゃっていいじゃない

 
そうなんですよ。賃貸の家賃って、持ち家をローンを組んで買った場合の支払いより、絶対に高いなんてことはないんです。
 
例えば7万円の賃貸に35年間住んだらいくらになりますか。約3000万円です。結構な値段ですよね。
 

賃貸は自分のものにならないデメリット

 
35年間家賃を支払い続けても、自分の家にならないのが賃貸です。悲しいですね。それなら月々7万円の支払いですむような持ち家を買ってしまおうという考え方は何も驚くべきことじゃありません。
 

実際独身の人がマンションや戸建てを買っている

 
最近は彼女なし彼氏なしの若者が多いようですよね。若者の7割?が恋人なしなんて記事を読みましたが、こうなると、どうせ結婚しないんだから一人ですむ家を買っちゃおうという人が結構増えてるんですよ。
 

中古マンションを買ってリノベーションが多い

 
やっぱり新築はなかなか予算に合わないので安い中古のマンションを買ってリノベーションして住んでいるケースが多いですね。マンションなら多少築年数が古くても躯体は丈夫なので戸建てより断然いいです。それを自分好みにリフォーム。最近はDIYでお金を節約してる人も多いです。
 
あるいはリノベーション済みのマンションもいいですよ。こちらは業者価格でリフォームされているので、自分でやるより割安になるケースも多いです。
 

でももし結婚することになったら?

 
そんな不安もあるかもしれません。結婚するようになったら、一緒に住むというのが現実的ですね。でも自分用に買ったので狭い、というなら、賃貸住宅にして貸し出してみてはどうですか。家賃が取れれば、ローンの支払いに当てることができますよ。もしローンより上回る借り手がつけば、収入にもなります。ちょっとした不動産投資家ですね。
 

スポンサーリンク
 

独身は家を買うと結婚できない、は嘘

 
持ち家持っている人の方がどう考えても魅力的ですよね。独身女性は家を買うとモテナイとか噂がありますが、いまは男性も給料が全然上がらない時代。そんな女性がいたらラッキー!って感じだと思います。
 

独身男性も女性も家を買ってみようかなと一度真面目に考えてみよう

 
たいていの場合、賃貸と持ち家では持ち家の方が広いケースがほとんどです。家賃と住宅ローンが例えば同じ額だったとしてもです。家の広さは生活の満足度に直結しますから、ぜひ広い家に住んで欲しいです。
 

不動産屋さんかリノベーション屋さんに足を運んでみよう

 
一度駅前の不動産屋に相談してみるのがおすすめです。今の家賃と同等かやや安い家はありますか?と聞けばオーケーです。いろいろ探してきてくれます。中古のマンションというのは掘り出し物が多いので、意外といいものが見つかったりします。フリーマーケットと一緒ですよ。ぜひ不動産屋を体験してみてください。

スポンサーリンク