読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

家電のプロが絶賛!床の水拭き掃除ロボ「Braava jet 240(ブラーバジェット)」の口コミ・評判を調べてみた

iRobot 【国内正規品】 床ふきロボット 「ブラーバジェット240」

雑誌「デジモノステーション」でプロ15人がおすすめする家電製品を紹介する企画をやっているのですが、結構な割合で登場するのが、全自動の水拭き・から拭きロボット掃除機「Braava jet(ブラーバジェット)」です。家事を楽にしてくれるいい商品だと思いますので、プロの評判、口コミをまとめてみました。

 

 

床の拭き掃除ができる「Braava jet(ブラーバジェット)」とは?

 

デジモノステーション 2017年 1月号 [雑誌]

デジモノステーション 2017年 1月号 [雑誌]

  • 作者: デジモノステーション編集部
  • 出版社/メーカー: エムオン・エンタテインメント
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る


この雑誌に15人くらいの家電製品のプロが出てくるんですけど、4〜5人の方のベスト5に「Braava jet 240(ブラーバジェット)」が出てくるんです。しかもトップバッターの方が第1位、今年のおすすめと念押ししてるんです。

 

じゃあ、いったいその家電製品って何?って記事を読んでみたら、面倒は床の拭き掃除を代行してくれるロボットだからということ。そんなのあったんだ、って感じですよね。時代の進化はすごいです。

 

しかもロボットが水を吹き出して、床を濡らして、吹いてくれるんですね。すごい。

 

水を撒く際に他のモノにかかったりしないのか?

 

家電量販店に行って店員さんと話してきたのですが、ブラーバジェットは前進しながら前に障害物がないかどうか確かめてから、一度後ろに下がって、水を噴射して拭き掃除をするんですって。相当考えられてますね。特にじゅうたんとかマットレスとか、あとは家具などは水で濡らしたくないですからね。

 

操作はボタンひとつで簡単

 

ロボットなのでややこしいのかと思いがちですが、ボタンひとつで自動的に拭き掃除のスタート開始です。

 

ブラーバジェットの口コミ・評判は?

 

実際私も買いに行ったのですが、店員さんによれば、以前のモデルからだいぶ進化したと。拭き掃除をする「雑巾(ぞうきん)」に当たる部分が、使い捨てパッドなので、洗って取り替えといったことがない点が人気のようです。クイックルワイパーみたいな感じですね。

 

実際に使った人の声をネットで見てみますと、「隅々まで入り込んで掃除をしてくれる」「きちんと汚れが落ちて、パッドに埃や塵、抜け毛などがきちんと取れてる」「運転音も静か」といった声があります。

 

スポンサーリンク
 

ペットのいる家で人気

 

またペットを飼っている方が結構購入しているようです。確かに抜け毛は多いし、匂いや汚物もちょっと気になります。犬や猫も汚れを嫌いますから、健康状態をよく保つには、床は水拭きが必須ですよね。

 

高さは8センチ

 

コンパクトなんですよね。非常に。だからテーブルの下もスイスイ行けます。ちなみに、掃除できる範囲は15畳が目安とのことです。よほど大きいリビングに住まわれている方以外は全然大丈夫です。

 

拭き掃除はさすがに面倒

 

私個人としては掃除機をかけたあと、拭き掃除をしたいと思っても、面倒だな〜と思ってしまうんですよね。でも絶対に水拭きはしたほうが気持ちがいいですよね。その手間を省けるなら絶対買いですね。

 

ミニマリストにもおすすめでは?

 

ミニマリストの部屋は床にモノを置いていない人も多いので、ロボット一台あればガーッと全部拭いてくれて気分がいいと思いますね。私の部屋もモノが少ないので最適です。ぞうきんとか断捨離できます。

 

価格は?

 

きになる価格ですが、実勢価格で3万2770円ですね。家電ロボットとしてはそれなりの金額ですが、これ一台で部屋の掃除の手間が省けて、室内環境の気持ち良さがワンランクアップすれば全然元は取れます。

 

 

スポンサーリンク