読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

一戸建てのリフォームでおすすめしたい場所ベスト3とは?

f:id:nazokaizin:20161012221705p:plain

一戸建てに住まわれる方でリフォームしたいなーと思ってる方も多いかと思います。今日は一戸建てのリフォームのおすすめの部位について紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

おすすめリフォームは間取り変更


まず1つ目が間取りですね。間取りはリフォームで変えることができます。間取りを変えたいなぁと思う人の相談ので多いのが、子供部屋が入らなくなったのでどうにかしたいというものです。

 

お子さんが独立して一人暮らしを始めた、もしくは結婚して家を出て行ったというパターンが多いですね。そこで子供部屋の壁を取り払ってしまうというリフォームは大変おすすめです。

 

既存のリビングをもっと広く使ったり、寝室をもっと広々としたりすれば生活の質がもっと高まります。そんな提案をよくしています。間取りはライフスタイルや家族の人数の変化に応じて変えることが非常に重要です。

 

おすすめリフォーム2番目は窓

 

2つ目は窓です。特に冬場は本当に家が寒くて悩んでいるという方は多いと思います。朝布団から起きようと思うけれどもあまりに室温が低すぎて、なかなか布団から出れない、こんな悩みの方も非常に多いと思います。

 

ではそのような寒さ対策をををするためにはどうすればよいでしょうか。そうです窓を二重化する事がおすすめです。古い住宅はアルミサッシに1枚の窓ガラスという窓が非常に多いです。しかしこのような窓では外の冷気を防ぐことができず室内に冷たい空気が流れ込んできます。

 

 

この冷たい空気を防ぐために今標準的な窓になりつつあるのが二重窓というものです。これはガラスが通常1枚のところを2枚になっている窓ガラスです。最近の新築はこのような二重窓が当たり前に使われています。

 

海外の寒い国なんかでは3重窓と言うものもあるほど、窓は寒さ対策において非常に良い重要なものです。安く日本で済ますためには今ついている窓の内側にもう一つ内窓というものをつける方法があります。

 

これは既存の窓を壊してつけるよりもはるかに安上がりに済みます。しかし家中の窓すべてに取り付けるとなるとそれなりの値段にもなるので最も寒さが気になる部屋の窓に二重窓をつけていくことをお勧めします。

 

おすすめリフォームの3つ目は水まわり群


3つめのおすすめリフォームは水回りです。水回りと言うのはキッチンバストイレ洗面化粧台ですね。新築した当初とだいぶ性能が上がっている商品が数多く出ていますのでのショールームに行ってみることをお勧めします。

 

例えばキッチンでは最新式のコンロは非常に料理しやすくお掃除しやすくできてます。また収納も豊富でもので溢れてしまった家庭には大変便利です。


トイレについて言えば節水機能が非常に進化しています。節水機能というのは1回に使う水の量が昔と比べて少なく済むということです。水の使う量が少なくなれば水道代金が安くなりますので経済的な負担も減ります。


お風呂のリフォームも非常にお勧めです。お風呂のリフォームはなぜオススメかと言うと最新のものは機能がかなり進化しています。1つはお湯の温度が冷めにくい断熱機能が上がってます。さらに排水口のゴミ掃除がしやすくなってます。

 

またお風呂場に入ったときに冷たさを感じることがあるかと思いますが最近のものでは床があったかく感じるものになっていたりよく室内に暖房が付いていて事前に温めて置けるようなこともあります。

スポンサーリンク