読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

【マジ最悪】修繕積立金は無駄・意味なしであるたった一つの理由【中古マンションの馬鹿らしい話】

中古マンション リフォーム リノベーション 大規模修繕

f:id:nazokaizin:20161202095512p:plain

マンションに住まわれている方は毎月修繕積立金というものを支払っているかと思います。その一部が実は無駄に多く支払っていることはご存知ですか?これから新築・中古マンションを買われる方の方も絶対に知っておいた方がいいことなので是非読んでください。

 

スポンサーリンク
 

 

そもそも修繕積立金って?

 

修繕積立金とはマンション住民で積み立てるマンションをリフォームするためのお金です。共用部というみんなで使う部分のリフォームです。例えば外壁とか屋根の防水とかエントランスとかそういう部分です。そういうリフォームのことを業過用語でいうと大規模修繕という風になります。

 

この費用はみんなで負担するので、マンション住民の全員が、毎月修繕積立金を支払う訳です。だいたい1万円くらいでしょうか。この修繕積立金の適正金額についてはまた別途記事にします。

 

修繕積立金は大事なお金

 

修繕積立金を払うなんてマンションってやだな、と思う人もいるかと思います。でもマンションというのはメンテナンスしてやらないとボロボロになっていく残念なやつなので、お金が必要なんです。長生き(長持ち)してもらうにはみんなでお金を貯めて、きちんとした時期に大規模修繕しないとだめなんです。だから修繕積立金はとっても大事なんです。

 

大規模修繕っていくらかかるの?

 

大規模修繕はだいたい一戸(一部屋)につき約100万円かかると計算するのが業者の中で一般的です。あなたのマンションが100戸なら、1億円ですね。これは1回の大規模修繕の金額です。だいたい大規模修繕というのは12年目頃に行われます。次は24年目、次は36年目といったイメージです。どうですかめっちゃかかりますよね。マンション買う前にこういうこと全然説明してくれないんですよね、不動産さんもマンションデベロッパーもひどいですね。

 

スポンサーリンク
 

そんな大金の修繕積立金を無駄払いしてるってどういうこと?

 

そうそう、この問題について話さないといけませんね。その前に大規模修繕ってどうすればいいかわかりますか。もしあなたが管理組合の役員の1人になった場合を考えてみてください。住民みんなのために大規模修繕を企画し実行しなければなりません。

 

 

でも、はっきりいって何一つわかりませんよね。そこで相談相手になるのは誰でしょうか。はい、マンションを管理してくれているマンション管理会社です。マンション管理会社に相談します。大規模修繕ってどうしましょうか、と。そうすると大規模修繕するにはまず診断をしてどんなリフォームが必要なのか見極めて工事をしなければなりません、と。ここまではわかりますね。

 

 

次にこんなことを言われます。うちでいつも頼んでいる会社に相談してみませんか?付き合いがあるので診断と見積もりは無料ですよ、と。親切な管理会社さん、ありがとう!これで住民にも迷惑をかけないで済む、という気持ちでしょうが、ここに落とし穴があります。正しくは、落とし穴を用意している管理会社がけっこうあります、です。紹介できた大規模修繕の工事会社は契約が決まったら、その1割ほどをマンション管理会社にキックバックします。

 

修繕積立金の無駄で、意味のない使われ方とは?

 

キックバックとはお金を払うということです。だいたい1割。つまり大規模修繕費が1億円だったら1000万円。大事な大事な修繕積立金が、実はマンション管理会社に流れてます(笑)。多いとこだと2割。やばいですよね。紹介なんてされなければよかったと思いませんか。もちろん全てのマンション管理会社でこうではありませんよ。こういう会社もあるということです。しかもけっこうあります。

 

なんでそんなことになるの?

 

マンション管理会社だって株式会社です。利益を追求する会社です。マンションの管理だけでなくてもっと稼ぎたいわけですよ。もしあなたがマンション管理会社に勤務していたらそう思いますよね。

 

しかし、問題なのはマンションに住んで毎月修繕積立金を支払っている住民の皆さんが全くこんなことになっているということに気づかないことですよ。大切な修繕積立金の一部が、本来工事に使われるべきなのに、手数料に使われているなんて、悲しいですよね。無駄になっちゃってるし、支払っている意味がないですよね。

スポンサーリンク