読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

中古の戸建てを買うときは耐震性や補強リフォームより地盤を気にするべき理由

中古戸建て リフォーム 不動産

f:id:nazokaizin:20161112194409p:plain

中古の戸建てを買う最にどうしても気になるのが、地震に強いか、弱いかという「耐震性」じゃないでしょうか。せっかく買ったのに地震で揺れて、家が倒壊した、なんてことは絶対に嫌ですよね。最近は熊本地震や東日本大震災といった巨大地震が起きてますから、心配になるはず。だから家を買って耐震のリフォームをしようと思っている方も多いと思うのですが、実は地盤の方が大事なんだよ、ということを今日はお伝えしていこうと思います。

 

 

熊本地震の報告書を読むと「地盤」が問題との指摘

 
最近最も大きかった地震は熊本地震ですね。多くの家が倒壊しました。私も不動産、建築のプロとして、現地にいった方のセミナーや知り合いに話を聞いたのですが、耐震がしっかりしていた新築の家も倒壊していたという事実があるとうことです。
 

今新築の住宅は等級3が普通

 
新築の家を建てるときにはその家の地震の強さ、つまり「耐震性」のレベルをどれくらいにするのか決めます。そのレベルを耐震等級といった専門用語で表したりします。レベルは1、2、3といった数値で示されるのですが、1が弱くて、3が強いです。最近のハウスメーカーなんかでは3が普通ですね。でもそういうレベルの家でも今回の地震で倒壊していたということはどういうことなんでしょうか。実は地盤なのです。
 

地盤がわるいと耐震性が高くても意味をなさない

 
これは一般の方でもイメージできると思うのですが、地盤が悪い土地に建つ家は、地盤が良い土地に建つ家に比べて、地震の影響をものすごく受けます。イメージの通りなんです。ですから、いくら耐震性の高い家を作ったとしても、地盤が良くなければ被害は大きいわけです。
 

戸建てを買うときには地盤を気にしましょう

 
答えはいうまでもありません。新築ももちろんですが、中古の戸建てを買うときは、その土地の地盤が重要なんです。これも皆さんよくわかることですよね。でも、みなさん地盤で家や土地、住む場所を決めることがないんです。なぜか。地震は怖い、でもいつ来るかわからない、からです。そして結構多くの方が、自分には来ない、被害は受けないと思っていることです。さらに私が出会ったお客さんは、来たら来たとき、なんとかする、しかたがない、例え亡くなっても、といった考え方を持っている方がかなりいます。
 

地盤調査は中古の家を買うときはほぼやらない

 
新築を建てるときはその土地の地盤調査、そして悪かったら地盤改良をやる人はそれなりにいます。ただし、中古の家となると、その家の地盤をチェックしようという人がほぼいません。理由はいろいろあると思います。意識が回らない、お金が無駄だと思う、先ほどのように地震が来たらその時はしかたがないという諦め、さまざまあります。でも私がお伝えしたいのは、気に入った中古があったら少なくとも地盤は大丈夫かなということを意識することです。余裕がある人は診断会社に調査を依頼してもいいと思います。