読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

新築そっくりさんのリフォームっておすすめ?口コミ・評判・坪単価を調べてわかったこと【住友不動産】

ハウスメーカーで家を買う リノベーション リフォーム 業者選び 新築 中古戸建て 中古マンション
f:id:nazokaizin:20160407135031p:image
リフォームを検討している方の中で、新築そっくりさんにしようかなと思っている方は多いかもしれません。でも本当に頼んで大丈夫なのかどうか、心配な方も多いかと思います。今回は新築そっくりさんの口コミ・評判・坪単価あたりをまとめて調べてみました。

 

新築そっくりさんは住友不動産が運営

 
そうなんです。新築そっくりさんは住友不動産という会社が運営しているんです。この会社はどんな会社かというと、ビルを作ったり、マンションを建てたり、賃貸物件やオフィスを管理したり、中古の戸建てやマンションを売り買いしたり、そういう「総合不動産会社」です。その不動産会社の中にリフォーム部門があり、それが新築そっくりさんというわけです。
 

どれくらいリフォームをやっているのか?

 
ネット上のニュースや口コミ、そして会社の決算情報あたりをみると、2014年度では「新築そっくりさん」の売上高が1053億円ということですね。これはリフォーム業界では2位ということです。つまり、日本で2番目にリフォームの売り上げが大き会社、それが住友不動産新築そっくりさん、ということですね。
 

価格・坪単価は?

 
新築そっくりさん、はどういうリフォームかというと、家を丸ごと新築のように作り変えてしまうというリフォームになります。なので、決算情報から1棟のリフォーム代金を計算してみると、約1300万円になりました。
 
 
リフォームに1300万円。ちょっとすごい金額ですね。やはりキッチンもバスも、トイレも壁も断熱も外装もなんでも一新してしまうためですね。日本の家の平均的なサイズは40坪なので、そこから坪単価を割り出すと30万円くらいですね。
 
 

建て替えたほうがやすいのでは?

 
最近は1000万円くらいで買える新築も出てきているので、中には建て替えたほうが安いケースもあると思います。ただ、そういう家は安っぽい仕様だったりします。新築そっくりさんのメリットはある程度のグレードがあって、新築のように蘇って、なおかつ、新築より割安であるというとことだと思います。
 
 

家の解体費には200万円かかる

 
建て替えるには家を壊さなきゃなりませんよね。これって大体一坪5〜6万円くらいはかかりますので、40坪で200万円はかかりますよ。解体費を払って、さらに建て替えというのは結構コスト的な負担が大きい。だから新築そっくりさんを選ぶ人が多いと思うんですよね。
 

戸建てはもちろんだが、マンションでもダントツ

 
ネットに載っていた情報によれば、マンションリフォームだと業界1位だそうですね。マンション用の「新築そっくりさん」というものがあって、これも販売を強化しているようですね。「マンションリフォームギャラリー」というショールームも持っているそうです。マンションも戸建ても丸ごとリフォームが主力なわけです。
 

年に8000棟も完工している凄さ

 
決算には大体年間8000棟やっていると書いています。月間にすれば600〜700棟。すごいペースですね。これだけの数をこなしているということは、そういう意味で大規模なリフォームに対しては実績がいいと言えるでしょう。ただ、工事自体は下請けの工務店が担うので、品質がとこまで担保できるのかは業者の質と、住友不動産新築そっくりさんの現場監督によるところが大きいでしょう。
 

スポンサーリンク
 

リフォーム内容や価格の口コミ・評判はどうか?

 
掲示板をみると、高い、工事がダメ、など価格と工事品質に関する声が多いですね。確かに契約金額がでかいので、それだけ依頼主のリフォームに対する期待感も高まりますよね。ちょっとしたミスもクレームを言いたくなる気持ちはわかります。
 
 
つまり、住友不動産は高いリフォームを請け負う代わりに、それだけの期待を背負ってリフォームするので、けっこう大変な仕事です。プロなんだからノーミスで、という意見もありますが、大規模なリノベーションなので、難易度も高い。そんな中でトラブルになって、ネットに悪評を書かれるというケースはこの会社に限らずよくあることですね。
 
 
ただ、毎回言っていますが、良かったという人も実は多くいて、そういう人はあまりネットに書き込まなかったりするんですよね。だから、ネットの評判はあくまで参考程度にしましょう。
 

重要なのは調べること、相見積もりすること、直接話すこと

 
リフォーム業者の選び方はやはり直接会って、様々な会社を比較するととです。様々な会社にリフォームを依頼し、見積もり・プランを出してもらう。これを「相見積もり」といいますが、是非お勧めします。一社ではその会社の良し悪しが見えてきません。
 

住友不動産も杭の施工不良問題で揉めてた

 
知らなかったんですけど、住友不動産もマンションの杭の施工不良問題で揉めてたんですね。以下、日経新聞の引用です。
 
鉄筋切断の可能性が判明した横浜市西区のマンションで28日、分譲した住友不動産が全5棟の建て替えを提案したことが明らかになった。杭(くい)の施工不良を巡って、住民と会社側の協議が続いていた物件。2003年の分譲から13年を経ての建て替え提案に対し、住民からは「会社の対応は遅い」と憤りの声が上がった。
 
リフォーム依頼前にしっかり情報収集をして、企業同士を比較して、会社の対応やプランや予算を比較しましょう。あなたにぴったりくる会社が見つかれば幸いです。

スポンサーリンク