読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

ミニマリストは冬場でも半袖Tシャツな部屋着である理由

f:id:nazokaizin:20161116222139p:plain

ミニマリストのみなさんのブログを読むことが多いのですが、一点気になることがあります。冬場の寒さ対策として部屋着が厚着な方が意外と多いんでよね。がっつりフリースを着てたり。私は厚手な部屋着をがっつり断捨離してTシャツ&はだしで過ごしてます。北海道の方は多いかな?どうしてそんな薄着なのか、その日道を解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

隙間風など一切入ってこないので寒くない

 
最初から結論ですが、高気密高断熱の家なんです。もっと分かりやすく言うと、冬場の冷気が家の中に伝わらずに遮る。隙間風などは一切は入らない。
 
 
寒さを受け付けない頑強なシェルターに住んでいる、というようなイメージです。
 
 
シェルターの中でエアコンをつけると、温かい空気が一気に広がります。そしてシェルターなので温かい空気は外に出て行かない。だからエアコンなどの暖房機器一台でしっかり温まるり続ける。結果、寒くない。だからTシャツ短パンの身軽さでOKな訳です。
 

高気密高断熱ではない家だとどうなるのか

 
冬寒い家はその逆です。隙間風が入ってくる、冷気が窓から伝わってきて室内を冷やすわけです。だからエアコンやストーブ、電気ヒーターなどで空気を暖めますが、温かい空気はすぐ逃げて行ってしまい、また寒くなる。最悪です。
 
 
だからヒートテックを着て、厚手のフリースを着込む。中にはダウンジェケットやマフラーまでまいている人もいますよね。聞くと、冬場はほとんど外の温度と室内の温度が同じ、というわけなんです。
 

ミニマリストの家は高断熱高気密で身軽な部屋着でいい家

 
私はものを持つのが嫌いで断捨離好きなんです。けど寒い家に住んでいた時、厚手のフリース着たり、温かいモコモコの靴下履いてスリッパ履いたり、なんか重装備なんですよね。部屋着って身軽がいいじゃないですか。それが嫌で断熱性能を気にし始めました。床暖房もあるので、冬は素足でもオーケーですよ。最高です。
 

スポンサーリンク
 

ではどんな家を作ればいいのか

 
もしミニマリストで部屋着を断捨離して身軽にして「寒い」というストレスからフリーになりたいなら、床壁天井にがっつり断熱材を入れる。隙間風を防ぐ気流止めをする。窓を二重、あるいは三重窓にする。床は温かいスギにする。もし余裕があるなら床暖房を入れる。そしてエアコン。ばっちりです。
 
簡単なレシピですよね。たまにミニマリストで、ベッドを断捨離して、布団にする方もいるのですが、床が冷たいと最悪です。寝てる間に体を芯から冷やすので、冷え性になります。さらに厚着になります。
 
また布団まで捨てて寝袋で寝てる人の記事も見ました。まずだいぶ寒いですし、寝返りが打てないと体が痛みますよね。
 

モノを断捨離して残った部屋が気持ちいいかどうか

 
私はミニマリストってものを捨てて、生活をシンプルにして、できる限り気に触るものストレスになるものを目の前から消すという、価値観だと思うんですよね。だからガンガンものを捨てていくんですけど、だんだん部屋や空間が顔を出し始める。そして空気とか、湿気とか感想とか、そういうとこまで意識し始めざるを得なくなる。
 
 
そこで寒いという嫌な体感、夏は暑いという体感、ここまで断捨離したくなるんですよね。ミニマリストの方でも寒さ暑さでストレスを感じる方は多いと思います。その嫌な感じも断捨離しませんか、というのが私の考えです。家を引っ越す、建てる、リノベーション、リフォームする、そんな際には断熱性能気密性能に関心を持ってみてください。

スポンサーリンク