読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

年商23億円だから住居時間(スマイルタイム)は大丈夫?評判・口コミは?訪問販売のリフォーム会社って平気?

f:id:nazokaizin:20170130200103p:plain

住居時間(スマイルタイム)という会社からリフォームの営業を受けたけど、この会社って大丈夫なの?と疑問に思う方はいるかと思います。リフォーム業界には様々な会社がありますからね。今回は住居時間(スマイルタイム)の会社の実態、評判・口コミなどを分析していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

住居時間(スマイルタイム)は外壁塗装と屋根が主軸

 

ちなみにスマイルタイムというのは住居時間の屋号ですね。住居時間はリフォーム会社です。外壁塗装と屋根のリフォームが中心ですね。ホームページでもサービス内容のページには外装と屋根の紹介が掲載されています。

 

また、自社ブランド商品として「スマイリッシュウォール」というものがあるようです。これはオリジナルの外壁のリフォーム商品かと思います。おそらく他の会社と差別化を図るための作戦だと思います。違いを出すことでライバルと相見積もりを回避する狙いかと思われます。

 

リクナビの求人サイトで判明した社員数はなんと155名

 

住居時間の設立年は2001年7月。リクナビを見ますと、従業員数155名 (2015年10月)、売上高は23億8500万円 (2015年5月実績)もあるようですね。一般的なリフォーム会社は1億円程度なので、大手リフォーム会社と言えると思います。

 

本社は名古屋だけど色々な場所に営業所があるのはなぜ?

 

本社は愛知県名古屋市。県内の拠点は名古屋駅前と岡崎市にあるようですが、なぜか愛知県とは全然別の場所に複数拠点があります。例えば埼玉(さいたま)、静岡(浜松)、東京(八王子)、千葉(柏)に拠点があります。人口の多い主要都市に営業所を出すことで、売り上げを伸ばすためだと思います。

 

スポンサーリンク
 

サイト「転職会議」で元社員の評判・口コミを読むと住居時間は訪問販売会社?

 

住居時間のサイトやリクナビの求人サイトで募集しているのは「リフォームアドバイザー 」という職種ですね。一切訪問販売をしているといったことは書かれておらず、地域に密着した「家のお医者さん」、過去のOB宅のアフターサービスを担当しながら、徹底したエリアマーケティングを行っています、といったことが書かれているだけです。

 

ただ、転職系の口コミサイト「転職会議」を見ると、元社員と思われる方々の投稿がさまざまあります。例えば、飛び込み訪問で一般家庭に営業している、飛び込み営業に自信がある人はおすすめの会社、1日に180件ほどの個人住宅を訪問した、といった書き込みがあります。必ずしも本当に元社員が投稿したのかはわかりませんので真偽のほどは判明しませんが、訪問販売を行っている会社であるようです。

 

ネット上の口コミや評判を見てみると、訪問販売で家に来ました、大丈夫でしょうか、といった書き込みがヤフー知恵袋にありますね。

 

訪問販売会社がすべて悪いわけではない

 

勘違いしやすいのが、訪問販売自体はなんら違法性はありません。リフォーム以外でも様々なものが訪問販売されていることは、ピンポーンと自宅のインターホンを押されて営業された経験がある方ならお分かりだと思います。

 

そして、訪問販売業者が必ずしも悪徳なリフォーム会社ではありません。本当に悪徳なことをしていたら行政から「行政処分」という罰を受け、経営が成り立ちません。住居時間は売り上げも高いので、実際にそれだけ売れているということです。

 

訪問販売の会社にリフォームを頼む場合の注意点

 

営業マンも良さそうで提案も価格も問題ない、そう納得したのであれば、訪問販売を行う会社に頼んでも大丈夫だと思います。しかし、少しでも不安があるのなら、その場で即決せずに、他のリフォーム会社と比較したり、安心できるまで契約を急がずに考える時間をきちんともらうなどすることが大切です。

スポンサーリンク