読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

中古マンションのプロに聞いた、リノベーション済みマンションが爆売れする3つの理由

リノベーション リフォーム 中古マンション 中古戸建て 業者選び 新築
f:id:nazokaizin:20160406133046j:image
今家を買うなら都心部のリノベ済みマンションにしたほうがいい。と、先日あった不動産会社の友人が言っていました。いろいろ話していた興味深い話が聞けたので、家を買おうかな?新築にしようか、中古にしようか、あるいは戸建てかマンションかで悩んでいる人向けに情報提供させていただきます。

 

都心部の中古リノベーションマンションが売れるわけ

 
その友人は、東京都内にある中古のマンションを仕入れて、リノベーションして売るという事業を手掛けている会社に勤めています。ここ最近はずっと右肩上がりの売れ行きで、本当に楽〜に営業できているということです。
 
なぜ都心部の中古リノベマンションがそんなに売れるのか聞いてみるといくつかの要因があるそうです。
 

人気の要因1 購入した後の資産の目減りが少ないからGood

 
ご存知かとは思いますが、家は買った後からその家の資産価値というものが下がっていきます。よく言われるのが買ってドアを開けた入ったら、もう中古マンションになり、あなたが買った価格の2割が下がりますということ。
 
 
3000万円だったら、600万円マイナスです。まじふざけんなという感じですよね。確かに600はどうかと思いますが、大きく下がることは間違いありません。これが新築買う人って馬鹿だよね〜という中古派の意見ですね。
 
 
ですから、すでに資産価値がある程度下がっちゃった中古住宅は、さらにぐんぐん下がっていくということはないんです。地区20年くらい経てば、マンションは一定の金額に落ち着きます。そこからどんどん価値が落ちることがないので、売却することになったとしても、「損した!」ということにならないわけです。
 

営業マンは「資産価値が減らないですよ」がセールストーク

 
特に都心部はニーズが大きいので価値が下がりにくい。だから、営業マンはこういうんです「多少高いですが、資産価値が下がりませんので、郊外の家や新築を買うより損しませんよ。むしろ、オリンピックもあるので買った時より上がっているかもしれませんし。お金の使い方として賢い選択です」と。
 
 
これはちょっといやらしい言い方かもしれませんが、真実をついています。むしろ、資産価値が目減りが激しい、新築の営業マンは決して資産価値の話はしません。郊外のマンションを買わせようとする営業マンも資産価値の話はできるだけしないようになっています。
 
 

人気の理由2 新築では手に入れられない立地に住めてGood

 
馬鹿売れする理由のもう一つは、希少な立地にはもう新築が立たないので、中古マンションしかないということです。都心部の駅前をみてください。もうそこに新しい家が建つスペースなんてありません。しかし、中古はそういうエリアでも売りに出されていたりします。つまり、新築では絶対住めないような立地で家を手に入れることが可能になるということです。
 
 
営業トークとしては「新築はもう郊外にしか家が建てられません。通勤にも時間がかかりますし、資産価値も下がりますし、将来空き家になっても売れませんよ」と。これも実際にありえることなので、確信をつく営業トークです。
 

スポンサーリンク
 

人気の理由3 リノベ済みだからすぐ住めてGood

 
リフォーム・リノベーション済みの物件は、外見は古くても中身はがっつり直されているものも多く、ほぼ新築です。もちろんそれもメリットなのですが、すぐ住めるというのもメリットなんですよ。自分で中古物件買って、リフォーム業者を手配してというのもいいんですけど、はっきり言って面倒臭い。
 
 
だから友人はこういう営業トークをしてます。「私たちが一般の方にとって面倒なリフォームを全て行っているので、買ってすぐに住めます。もし自分で古い家を買ってリフォームして住むとなると、物件探しに半年、リフォームに1〜2ヶ月かかって、なかなか時間がかかりますよ」と。
 
 

中古リノベマンションは不動産仲介会社で売ってる

 
こういう物件は三井のリハウスとか住友不動産販売とか長谷工、大京、東急リバブルなどなど、不動産売買を行う会社で取り扱っています。駅前にあるあれです。
 
 
私の友人も物件のリノベが終わったら、売るのは不動産会社に任せているそうです。それが一般的なので、物件を作っている会社から直接買うのは一般的じゃありません。ですから、不動産屋に行って、リフォーム済みの中古マンションを色々紹介してもらうように交渉するのがいいと思います。
 

おすすめ業者の選び方

 
友人の会社は相当な額をリノベ費用にかけていますが、中には手抜きっぽい業者もあるようです。不動産仲介会社から物件紹介を受け内覧したら、どの会社が作ったのか社名をきちんと聞きましょう。後でその会社のホームページなどを見て、実績や企業規模などをチェックしてください。
 
 

若い人は新築にこだわってない

 
友人曰く、「若い人は中古に抵抗がなくなってる」。金持ち・高給取りの方は新築を買ってもなんらリスクがありませんが、一般的な年収の方はもう無理して新築を35年ローンで買うのは止めましょう。中古リノベマンションでもいいんじゃないですかね。

スポンサーリンク