読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

東急ホームズって高くない?リフォーム・新築の評判や「定価制」の価格を調べてみた

f:id:nazokaizin:20161107124857p:plain

東急ホームズにリフォームを頼もうかなと考えている方も多いかと思います。suumoリフォームなどの雑誌には毎回登場している有名企業ですよね。戸建てを全面的にリノベーションしたい方にとってはおすすめの会社かなと思っています。詳細を分析してみましたので、頼もうかなと思っている方は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
 

 

東急ホームズの特徴はブランド力

 

東急ホームズはなによりも、「東急」というブランドが特徴です。あの東急グループの一社ですから企業としての信頼感は非常に高いです。

 

さらに、東急ホームズはミルクリークといった新築事業を手掛けている会社です。これらは輸入住宅であり「憧れの海外の家」というデザイン性に優れた家を作っています。

 

リフォーム会社は得体の知れないよくわからない会社ばかりなので、ブランド力のある信頼の置ける会社に頼みたいという方にはおすすめします。

 

リフォームの特徴は「住まいまるごと再生システム」

 

では気になるリフォームはどんなサービスが特徴なのかというと、「住まいまるごと再生システム」というものです。以前は暮らしアップというような商品だったのですが、最近は変わったようですね。

 

これはどういうシステムなのかというと、戸建て住宅をまるで新築のように変えてしまうような全面改装リフォーム、リノベーションです。

 

戸建てを一新させたいという方、すごい古い中古の戸建てを買われた方、建て替えよりも安く済ませたい方、にとっておすすめだと思います。

 

システムの具体的な内容とは?

 

このシステムの売りにしているのが「建て替え費用の約半分」という価格の割安さを打ち出しているところですね。簡単に言うと新築するより安いよ、ということです。まあ、これは当たり前のことです。リフォームは基本的に新築よりは安いです。しかし肝心なのはその値段が書いていないんですよね。いったい幾らなのか?

 

「安心の定価制」とはいうものの価格はいくらかわかりにくい

 

さらにその価格を「定価制」としています。床面積に応じて標準価格が決まるというものです。例えば40坪ならいくら、50坪ならいくら、というイメージです。定価が決まっているのでとてもわかりやすいとは思うのですが、肝心の値段が出ていません。もちろん見積もりをとれば教えてくれるのでしょうが、ちょっとずるいなと、思ってしまいます。

 

スポンサーリンク
 

耐震性・制震はかなり安心できそう

 

さらに震度6強に耐えられる耐震システムをどうニュしています。制震システムという揺れを軽減する部材までついているので、地震に強くなおかつ、長持ちします。

 

さらに軽い屋根に取り替えるようです。日本瓦のような重たい屋根材だと地震の揺れに弱くなりますので、軽い方がおすすめです。地震が心配な方、東急はおすすめです。ただ、これくらいなら他の会社でもやっている範囲ですね。

 

得意なリフォーム金額は800〜2000万円

 

高価格帯のリフォームが得意のようです。それと、東急ブランドの会社はどの会社も社員の給与が高いので、どうしても人件費がかかります。ですから、ある程度利益を取らないと経営が成り立ちませんので、もしかすると見積もりはやや高い可能性があります。ハウスメーカーと一緒ですね。人件費が高い会社に頼むと、当然見積もりも高くなりますので。もちろん相見積もりをおすすめします。比較することで本当に高いのか安いのかがわかりますから。

 

評判はどう?

 

こんな評判がありました。

住友不動産の新築そっくりさんと似ているので、どちらがいいか比較しました。

 

確かに、定価制の全面改装リフォームって他の大手リフォーム会社もだいたい持っているんですよね。ですからみんな一応は比較しているようですね。私も比較、つまり相見積もりをおすすめします。

 

それと営業マンなど人は本当にしっかりしている。安心感がある。というコメントもありました。その辺りは大手ならではだと思います。安心感を求める方にとってはおすすめの一社だと思いました。

スポンサーリンク