読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

地元で腕が良くて技術力のある工務店やリフォーム店の探し方

f:id:nazokaizin:20161108205832p:plain

リフォームしたいけど、いい業者をどう探せばいいのかわからないという方は多いです。特に腕が良くて、技術力があって、地元に根付いた工務店やリフォーム店ってどこにあるのとお悩みの方も多いかと思います。どう探すべきなのか、紹介します。

 

 

リフォームの技術や品質は職人に左右されるけど

 
リフォームといっても実際に工事する人は職人ですよね。つまり品質がいい工事をするには、職人の腕が良くなければなりません。そう考えると腕のいい職人がいる工務店やリフォーム店に頼めばいいわけですよね。
 
 

良い職人がいる工務店やリフォームはどこにいるのか?

 
通常、工務店やリフォーム店には職人はいません。工務店やリフォーム店はあくまでお悩みのヒアリング、設計デザイン、商品決め、などは行いますが、その会社で職人を雇っているケースは珍しいです。ですから工務店やリフォーム店は工事については、外部の職人に頼むわけです。外注というやつです。
 

良い外注先を知っている工務店がいい工務店か?

 
それなら良い職人に頼んでいる会社に依頼すれば大丈夫だと思いますが、その判別が難しい。依頼するリフォーム店や工務店に、どんな職人さんに外注するのですか、と聞いても、その職人さんの腕がどうなのか、聞いても判断できないのが普通です。
 

リフォーム会社の技術力を知るのは難しい

 
ここまで読んできてもらいましたが、結論としては腕のいい工務店やリフォーム店を見分けるのは非常に難しいです。
 

スポンサーリンク
 

ただ自社職人を育成している会社はおすすめ

 
会社のホームページをみたりすると「当社は自社職人による工事です」といった宣伝文句の会社にでくわすことがあります。少数ですがきちんと職人を正社員として雇用して技術力やマナーなどの教育を行っている会社があります。少なくとも職人育成にこだわる会社はおすすめです。
 

でもなんで下請けに外注するのが普通なの?

 
職人ってリフォーム店や工務店が正社員として雇用しているのが普通だと思っている方も多いかと思います。実際はそうではありません。なぜでしょうか。それは正社員で雇うとお給料や保険などのコストがかかるんですね。しかもリフォーム工事がいっぱいとれれば、どんどん職人に仕事を任せられますが、暇だと職人はやることがなく、給料だけ無駄に支払うみたいな感じになるんですよね。
 

職人も正社員になりたくない

 
一方で職人さんもどこかの会社の正社員にはなりたくないと思っているケースが多いです。サラリーマンになりたくないから、自由なフリーランスの職人になったという人は多いです。さらに下請けの方が色々な業者から仕事がもらえて稼げるというメリットを感じる業者も多いのです。
 

職人に直接頼むのはありか?

 
良い職人をたまたま見つけた、という時に直接頼むことはできるのでしょうか。依頼はできますが、材料が仕入れられないかもしれません。つまりキッチンとかお風呂とか、職人は仕入れられなかったりするんです。それらの住宅設備を売る会社が、信用力の低い個人の職人さんには物を販売しなかったりするのです。自分で仕入れられるフローリングとか壁紙とか、そういう物を自分で買って、施工してもらうというのは可能ですよ。

スポンサーリンク