読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

大和ハウスの新築一戸建ての価格・評判は?実は10年目点検のリフォームにお金が結構かかるのでご注意を

注文住宅 新築 リノベーション リフォーム

f:id:nazokaizin:20160630002314p:image

大和ハウスで新築一戸建てを買おうと考えている方も多いかと思います。価格はいくらだろう、と思う方も多いと思いますが、実は買ったとにもかなりお金がかかります。というのは大和ハウスは建てた後のアフターメンテナンスで、リフォームを提案してくるからです。どれくらいかかるのか、価格を調べてみました。

 

 

大和ハウスで新築一戸建てを買うと、10年目に点検が来る。

 

家を建てた後も、ずっと長くアフターサービスしてくれる会社はとても素晴らしいものです。なぜなら家が壊れたら、どうしていいか一般にはわかりません。そんな時にアフターがきちんとしている会社ならば、相談しやすいですよね。

 

大和ハウスももちろんそういう会社です。積水ハウスやミサワホーム、旭化成などの大手ハウスメーカーと言われるところは、だいたいそういう手厚いアフターフォローをしてくれます。具体的には10年目に点検に来てもらえます。

 

点検してもらって不具合があればリフォーム、不具合なくてもリフォーム?

 

ネット上の口コミ・評判を見ると、10年目に点検がくるというのはほとんどの方が言われていることですし、ダイワハウスのホームページでもそううたってあります。

 

気になるのはそこで、リフォームの提案もされることです。ある方は、外壁防水塗装の提案をされ、約300万の見積もりを出されたそうです。リフォームすると実は保証が延長されます。しなければ保証はされないのが一般的です。ですから、結構な方がここでリフォームをされます。

 

新築一戸建てを買う時には、建てた後のリフォームの価格を気にしよう

 

この10年目の防水塗装工事。実は新築一戸建てを買う時に全く気にしない方がいるんですね。もちろん300万円というのはある方のおたくの事例ですが、100〜300万円くらい、10年目の塗装で提案されるのはハウスメーカーではよくある話です。

 

10年目点検のリフォームが高すぎではないか?家は壊れるの?

 

よく疑問に思われるのは、10年目でもうそれだけのお金をかけてリフォームしないといけないのということです。最近のダイワハウスの家は、ジーヴォといった家は特にそうなのですが、性能が高いです。はっきりって、10年目でもう外壁塗装しないとやばい家というのはとても少ないかと思います。だから、高いのかな?リフォーム必要なのかな?と疑問に思うわけです。ちなみに10年目点検するのは屋根、防水シート、外壁、防蟻あたりになります。ちょっと意外かもしれませんが特に問題なくてもリフォームいかがですか、と提案されるケースがあります。これは保証を延長するためですね。

 

リフォームの価格は妥当?評判口コミは?

 

価格が妥当かどうか、それは相見積もりしなければわかりません。別の会社に同じ内容で見積もりを取ることです。例えば地元の塗装店に見積もりを取ると、ほとんどの場合、ハウスメーカーの方が高いです。そりゃそうですよね。高給取りの社員もいればショールームもテレビCMもやってますから。でも他社でリフォームすると保証がつかないので、そこが困るところです。

 

スポンサーリンク
 

10年目点検以降はどうなるのか?

 

5年ごとに点検に来てもらえます。不具合はないか診断するわけですね。その時にまた、リフォームの提案もあるわけです。そうなると、いったいいつまで点検、リフォーム営業されるのか、時になると思います。基本は点検が続く限りそのようなリフォーム提案もセットになります。これは大手ハウスメーカー皆一緒です。ハウスメーカーの皆さんは1000億円くらいリフォームやっているところも多いので、それだけリフォームで稼いでいるんです。

 

 

つまり、新築を建てた方からリフォームのお金もいただいているという。でも勘違いしないでください。家は絶対に劣化していくものです。何も手を入れなければ。ですから、リフォームというものは家を維持管理するために必ず必要なものなんです。それは10年目ではないかもしれませんが、20年、25年、30年と立っていけば、あらゆるものが劣化していきます。ですから、結局はフルリフォームが必要になっています。リフォームしないなら、家はどんどん痛んで、立て替えなければなりません。では、30年きちんとリフォームするといくらかかるのか、それはこちらの記事でまとめています。

 

 

renovation-reform.hatenablog.com

 

 

大和ハウスの家は長持ちするが、それはリフォームしなくていいわけではない

 

10年目点検でリフォームの提案をしてくれる。これは工務店ではあまりありません。普通は建てて、おしまい、アフターも点検もこないというのが結構普通です。ですから、ちゃんと点検に来てくれて、リフォームアドバイスをしてくれるというのは、住宅会社としてとてもまっとうです。問題なのは、後々リフォームの費用がかかるのにそれを知らずに新築を目一杯の予算で買ってしまうことです。もしかしたら本当にいい営業マンは、リフォームのためにちょっとお金を残しておきましょう、なんて営業をしてくれるのかもしれませんね。ですから、私が言いたいことは、建てた後のお金もきちんと考えましょうということです。

スポンサーリンク