読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

積水ハウスなど新築を建てる前に知っておきたい!35年住むとリフォーム費(修繕費)にいくらかかるのか?

f:id:nazokaizin:20160929223938p:plain

新築を買う際に多くの人が見落としがちなのは、住み始めた後にリフォーム費用(住宅修繕費)がかかることを考えていないことです。今回は積水ハウスの家を買われた方のエピソードを元にその重要性を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

年収600万円の方が坪100万円の積水ハウスを購入

 
先日はてなブログで大変人気だったこちらの記事を読みました。
 
こちらの方は積水ハウスを買われて、35年ローンを組んだ方です。土地は譲り受けたそうなので、建物だけの購入です。調べてみたら坪単価が100万円なんですね。超絶高い家ですね。
 

35年ローンは支払えるのか?

 
記事の中では将来どれくらいのお金がかかるのかについてシミュレーションされています。気になったのは35年住んだ時のリフォーム費(住宅修繕費)。
 
この方のシミュレーションでは年間で8万円分のリフォーム費用がかかると、予測しています。しかもこれは家電の買い替え込みとのことです。
 

年間8万円のリフォーム費用だと考えておけば安心でしょうか

 
年8万円であれば35年住むと考えた場合、リフォームにかかるコストは280万円です。問題なのは35年住むのに修繕費は280万で足りるのか、ということですね。
 
このブログでは積水ハウスのリフォームの取り組みにもついて書いていますが、最初の10-15年目の外壁塗装で200万円かかるケースは珍しくありません。
 
 
これは積水ハウスだけの特徴でしょうか。いいえ違います。もちろん他のハウスメーカーでも、新築を建てた方に延長保証という形でリフォームの営業がきます。
 

最初の外壁塗装リフォームをしないとどうなるか?

 
リフォームしないという選択肢ももちろんあります。ですが、完璧に修繕のいらない家は存在しません。住宅は痛み、劣化した外壁からの雨漏りなどもあり得ます。ですから、後々のリフォーム費用がさらにかさむことになってもおかしくありません。
 

スポンサーリンク
 

では35年でいくら必要なのか?

 
私はこのブログでは500〜1000万円かかってもおかしくないと言っています。つまり、年間15万円から30万円ほどリフォーム費として必要だということです。
 
本当かどうかネットで調べてみたところ実際に35年住んだ人がいくらかかったのかと495人を調査した会社がありました。アットホームという会社ですね。
 
その結果35年でかかった金額は556万円。年15万円です。家電含まずです。リアルガチな統計ですね。
 
最初に紹介した方は年8万で家電込みでしたね。ですから平均より半分か半分以下なので、だいぶ実態と違うと言えそうです。
 

新築は金持ち以外買わないほうがいいよ

 
高い新築を買って、またそこにリフォームでお金をかける。金ばっかりかかります。新築は。
 
お金に余裕がありすぎる人にはおすすめできますが、ちょっとでも心配な人はやめるべきです。賃貸、あるいは躯体がしっかりした状態のいいマンションを買ってリフォームして住む。とにかく新築!なんて考えかたはやめましょう。
 

スポンサーリンク