読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフォーム・リノベーション・新築・不動産の教科書

リフォーム、リノベーション、新築、不動産など住宅業界ならではの「謎」を解説します。不動産兼建築のプロだからわかる「裏側」と「本音」を一般の方になるべく丁寧にわかりやすく説明することで、住宅取得に失敗する方を一人でも救いたいと思っています

ほとんどの日本人が新築に失敗する2つの理由

f:id:nazokaizin:20160904101154p:plain

注文住宅で新築を建てたり、分譲住宅を買ったり、持ち家を持つということは非常にワクワクするものですが、住み始めたあとに、本当に大満足したというケースは意外と少ないんです。もっとこうすればよかった、あれはいらなかったとか不満が残るのです。なぜなのか、私が出会った「不満足」なお客さんを分析してみました。

 

 

スポンサーリンク
 

家や建築、不動産に関する知識がなさすぎる

 
私は家を買いたいという方とお話しする機会が多いのですが、どんな家がいいのですかと聞いても、自分のプランを持っていない場合がほとんどなのです。要は業者の提案待ちなのです。
 
 
もちろんプロですから、注文住宅なら設計案を出したり、分譲住宅ならこんな家はいかがですかと紹介します。それで意外と契約が決まっちゃったりするんです。どういう家にしたいのか、どういう暮らしがしたいのか、どういうキッチンやお風呂がいいのか、ほとんどわからないのに、任せてくれてしまう。そういう時、私は契約が取れてよかったけど、お客様も満足度は低そうだなと思うわけです。だって自分のアイデアが入っていない家が建つわけですからね。
 
 

ハウスメーカーや知ってる会社に丸投げ

 
 
こういうお客様は、「建築なんてわからない」という理由で業者に丸投げしたい。だから丸投げしても安心な大手ハウスメーカーやCMで見たような知名度のある会社に流れることがほとんどです。
 
 
丸投げしても家は自動的に出来上がります、でも出来上がった家は家に対する自分の考えが十分に反映されていないので大満足というわけにはならないことは多いのです。
 
 

家を買うときに初めて「理想も家とはなんだ?」と意識する

 
 
なぜこんなことが起きるのかというと、要因の一つは、実は家が欲しいけど家に関心がない、これまで関心を持ったことがないということです。そもそも家や建築、不動産、リフォームリノベーションは学校で習ったりしませんので、基本的な知識さえないまま大人になっていきます。
 
 
 
そこでいきなり家を買う場面になるわけです。「理想の家とは?」ということを考え始めるのですが、知識なしではどんな家がいいのかという創造力さえ発揮できません。だからみんな住宅展示場に行くんです。そこでハウスメーカーの親切な営業マンに気分良く接客してもらうと、家はわからないからお任せしてしまおうとなる。
 
 

スポンサーリンク
 

アメリカではDIYなどを通じて家を理解する

 
 
アメリカの友人はアメリカでは家を3〜5回買い換えるのは普通だと言っていました。だから最初は失敗もある。けど経験値が増えるので、だんだん自分が求めている家がなんなのかわかってくる。また、家をDIYで直すのが結構あるので、子供の頃から家のことや建築、リフォームに関わったりする。
 
 
こういう経験が家選びの際に役立つので、こういう素材はすぐ劣化するとか、床は自分で貼るからいいやとか、すごい人はキッチンは自分で設計して発注するとか、家に能動的なんですよね。そういう家と関わる経験が日本人は一般的の少ないので、いざ買おう、リフォームしようとなると満足いかなかったとうケースが多いんですよね。
 
 

家はプロが作るものであり自分は作ってもらうもの、という勘違い

 
日本人はこういう家を建てたいんだ、という思いを持っている人は少ないですし、こういう家っていいよねとか、家が友達や家族で話題になることもありません。「あの家かっこいい。どこが建てたんだろう。外装材のメーカー知りたいな。売ってくれるなら買いたい」とか会話しませんよね。
 
 
またDIYで家をリフォーム、リノベーションするという発想はありません。やっぱりプロにやってもらうというのが普通です。
 
 
自分の家の周りに建っている家を見渡してみてください。空き家のような家、汚い家、ダサい家、ボロボロの外壁の家ばかりじゃないですか?いいな〜と思える家なんてそうそうない。まず大前提としてプロに頼んでも大した家なんてできないんです。
 
 
もちろんプロはプロならではの知識を持ってはいますが、まるっきり任せっきり頼りっきりではいい家などできないんです。むしろ施主であるあなた自身が知識を持って、主導権を握って、プロを下請けとして使うぐらいの気持ちがないと満足いく家はできないと思います。

スポンサーリンク